Amon Hayashi

クリエイター/プロフィール

林 亜門/Amon Hayashi

  • ソングライター、プロデューザー

biography

中学生の頃よりクラシックロック、BLUESに触発され音楽活動を開始。
1994年よりアメリカへ単身留学し、ブラックミュージックに大きく影響される。
1999年のインディーズデビュー以降、No Border In Musicをキーワードにボーダーレスな音楽制作を続け、ロックからエレクトロ、DUBなど様々な制作現場に携わる。またテレビ番組への音楽提供やファッションのシーンとのコラボレーションなど活動は多岐にわたる。

Career(略歴)

1979年 東京生まれ。
2000年 Afters Or Recordsより12′シングルでインディーズデビュー(Pro. Sunaga t’ Experience)。2000枚を完売。Pizzicato Fiveのアルバム “Pizzicato Five”にゲスト参加。
2001年~ アンティノスレコードよりメジャーデビュー。アルバム2枚、シングル3枚をリリース。その後エピックレコードに移籍しアルバムを一枚リリース。この間に客演、企画物アルバムなどメジャー、インディーズ問わず多数参加。
2008年~ DCT RecordsよりユニットlucKLANG名義でアルバムをリリース。ディレクターを兼任し、音源、ヴィジュアル、販促物全ての制作を担当する。
その後NHK”アジアンスマイル”のタイアップを取得しシングルリリース。同番組のBGMも制作。
2012年~ 作家活動を本格的にスタート。メロディに忠実かつグルーヴを壊さない作詞が作曲家陣に好評。
2013年~ 株式会社ソリッド・サウンド・ラボに所属

作品リストはこちら